HAPPY CHARGE

ハッピーチャージ

成功するには“現実世界”も“見えない世界”も大切に!

イルミネーション のコピー

街中のクリスマスイルミネーションは、本当に綺麗ですね。

こんばんは、あべけいこです。

最近、しみじみ思うことがあります。
それは、運を上げるとか、自分の生きたいように生きるためには、
目に見えない世界目に見える世界の両方を大切にすることが大事なんだな、ということ。

目に見えない世界とは?
それは、いわゆる「スピリチュアル」といわれるような分野。霊的なものだったり、気やエネルギー的なものだったり、神様とかご先祖様、あるいは占いといったもののこと。一方、“目に見える世界”とは、我々が住むこの現実世界のこと。物体があり、法則が支配し、科学的に説明できる世界のことです。

この両方を軽んじず、まじめに、誠心誠意、愛を持って、しっかりと対することが、現実世界をよい方向に構築していくために必要不可欠なのだ、と今さらながら思ったのです。

スピリチュアル的なことが好きな人は、ともすると、現実世界そっちのけで、見えない世界のことばっかりに意識がいってしまいがちです。「こうやってイメージングすると現実世界にそれが降りてくる」とか、「何月にどこどこの方位に行くとこんないいことがある」とか、「パワーストーンを持つとこんな効果がある」とか…。

これらのメソッドは、確かに効果があると思います。わたし自身、これまでもそうしたいろいろな方法をこのコラムでも紹介してきました。でも、それをやるだけではダメ。現実世界でものごとを形にするには、必ず現実的な活動が必要です。ちゃんと現実的にものごとを考え、行動することが重要なのです。

たとえば、「○○という開運術をすると恋人ができるよ」と教えられて、実際にやってみたとしても、どこにも出かけず家に引きこもっていたら、恋人ができるわけがありません。開運術を試した上で、現実的にも恋人を探す行動を起こす。なるべく表に出ていろいろな人と交流を持つとか、人に紹介を頼むとか…。そうすることで恋人ができるのです。

お金だって、「満月の日に月に向かって財布を振ると金運がよくなるんだって」といってお財布を振ったって、現実的に働かなかったり、無駄遣いをやめなければ、金運はよくなりようがありません。

ある有名な霊能者の先生は、人によって見える未来を言うか言わないか選別しているそうです。「将来こうなりますね」と嬉しい未来を告げると、人によっては「何もしないでもその未来に到達するのだ」と考え、努力や活動をやめてしまうことがあるそう。すると、行動が変わり、それによって未来が変わり、結局その嬉しい未来が現実化しなくなってしまうというのです。だから、運命に対して受け身で努力をやめてしまいそうな人には、見える未来を告げないのだそうです。
天秤2 のコピー

 

“目に見えない世界”の影響は確実にある、とわたしは実感していますが、でもそればっかりではダメなのです。わたしたちが生きているのは、現実世界。物は誰かが動かさないと勝手に移動しませんし、どこかに行こうと思うなら足を使って動かなければいけません。ただお祈りをするとか、ご利益神社に参るとか、修業をする、“それだけ”ではダメなのです。

線路

“目に見えない世界”は、あくまでも後押し。フォローです。構築するのは、わたしたちの“行動”です。これを忘れてはいけません。

現実的にものごとを考え、現実世界をしっかり生きた上で、“目に見えない世界”のことをやる。するとそれが追い風になり、現実世界がいい感じで構築され始めるのです。

見えない世界、見える世界、両方のバランスを上手に取りましょう。両方とも、馬鹿にしないで大事にする。そうすることではじめて、運はグングン開けていくのです。

<Written by あべけいこ