METHOD

メソッド

アメリカで3つの特許を取得している『ヘミシンク』と、音と光で変性意識に導く『マインドスパ』の2つの音声技術を利用した、「自分の潜在意識を自分で見る」オリジナルのメソッドです。

誰でも一定の方法を使えば簡単確実に自分の「意識」にアクセスすることができます。この法則を使い、新しいアセンションした地球にあったやり方で自分の人生を創造していく方法をお教えします。

ヘミシンク


故ロバートA・モンロー氏(1915~1995年)


ヘミシンク(Hemi-Sync®)とは、アメリカ・ヴァージニア州にあるモンロー研究所(1950年代に故ロバートA・モンローにより設立)によって開発・特許取得されたオーディオ・ガイダンス技術。
医療機関や大学との共同研究によって科学的にも臨床的にも証明された、50年以上の歴史を持つ技術です。

仕組みとしては、ヘッドフォンを使用し左右の耳から異なる周波数の音を聴かせることにより両脳を活性化。特殊な脳波を発生させて、深くリラックスした状態、瞑想、知覚の拡大した状態、至高体験など、通常とは異なる意識状態(=変性意識)へと導きます。


ヘミシンクとは、ヘミスフェリック・シンクロナイゼーション(左右半脳の同調)の略であり、モンロー研究所の造語です。

モンロー研究所では50年以上にわたって心理学、精神医学、医療、生化学、電気工学、物理学、教育学といった研究機関との学際的な共同研究が行われています。発売中のCDタイトルは200以上にも及び、現地で行われる滞在型プログラムには世界中から参加者が訪れています。

※長年の研究で安全性は保証されていますが、精神疾患の既往症のある方の使用はお勧めできません。

マインド・スパ


マインド・スパは、光と音によるAVSテクノロジーを採用した技術です。音と光の二重の刺激により脳波を特定の状態にし、意識を「変性意識」に導きます。

ゴーグルからもたらされる光は特定の周波数で点滅させることにより、脳の同調作用を引き起こします。ヘッドフォンからは、左右に異なる周波数の音を聴かせることによりわずかな差異を生じさせ、4つの脳波へと導きます。
これにより、肉体・精神・魂レベルに働きかけ瞑想や睡眠、気分転換、穏やかな集中、明瞭さ、認知能力の強化、ストレス減少などの効果が得られます。

マインド・スパによるプログラムは、アルファ波、シータ波、デルタ波、ベータ波に導く18パターンの音声に分かれていますが、セルフアウェイキングメソッドでは主にシータ波を中心に聴いていきます。

≪プログラムパターン≫
*アルファ波(軽いリラックス、気分転換、視覚化、能力アップや集中などに)
01 アルファ1   22分   8.0Hz
02 アルファ2   25分   8.6Hz
03 アルファ3   27分   7.83Hz
04 アルファ4   30分   6.8Hz
05 アルファ5   34分   7.2Hz
06 アルファ6   45分   7.0Hz

*シータ波(深いリラックス、瞑想、創造性、メンタルトレーニング、ひらめきなど)
07 シータ1   23分  5.7Hz
08 シータ2   30分  5.1Hz
09 シータ3   41分  4.7Hz
10 シータ4   25分  3.9Hz
11 シータ5   33分  4.1Hz
12 シータ6   60分  3.6Hz

*デルタ波(睡眠誘導、疲労回復などに)
13 デルタ1  38分  3.5Hz
14 デルタ2  55分  3.0Hz
15 デルタ3  69分  2.5Hz

*ベータ波(活性化、外界に対する集中力アップ、シャキッとしたい時などに)
16 急速活性   11分  15Hz
17 フォーカス  21分  7.83Hz
18 集中    36分  8.0Hz

■マインドスパ使用による副作用などは知られておらず、ほぼすべての人が安全に使用できます。
しかしながら、事前に医療またはヘルスケアの専門家の承諾や監視が必要とされるケースがまれにあります。
○薬物治療中、またはてんかん、脳損傷、精神的損傷、光過敏症、黄斑変性症など重度の病気にかかっている方、
ペースメーカーを利用している方や心不整脈またはほかの心臓疾患を含む重大な肉体的状態の方々は、使用の前に医療専門家に相談をしてください。
○子どもや未成年者だけで利用するときは、事前に保護者の了解と監視のもとで使用してください。
○薬物やアルコールの影響下で利用しないでください。
○運転中や重機器などの装置を操作しながら利用しないでください。
○めまいや片頭痛、ひどい不安感などのマイナス反応があった場合は、使用をお止めください。